• ホーム
  • 「付加価値良品」サンエーカガク印刷のブログ

シール・ラベルの基礎知識 ②粘着の種類

2016年02月24日 カテゴリ:シール・ラベル印刷

シリーズでお伝えしている『シール・ラベルの基礎知識』。

2回目となる今回は・・・

“シール素材のおもな粘着の種類” について紹介したいと思います。

seal image02.jpg

 

 ■普通粘着

 一般的に一番よく使用される粘着です。

 一般強粘とも呼ばれ、比較的強い粘着なので、剥がすと相手側に糊が残る場合があります。

 

 ■訂正用

 裏がグレーになっていて、下地が透けないタック紙です。

 その名の通り、訂正用シールとして印刷物の上にかぶせる用途で使用します。

 

 ■強粘着

 水溶強粘(エマルジョンタイプ/屋内用)と溶剤強粘(ソルベント/屋外用)の2種類があり、

 用途に応じて使い分けます。

 

 ■再剥離

 はがした時に糊残りしない粘着です。

 (何度も貼ってはがせる・・という意味ではありません。)

 

 ■微粘着

 はがしても糊残りせず、再貼り付けできる弱い粘着です。

 貼った相手側にダメージが少ない、優しい粘着です。

 

 ■トイシ

 一般シールの粘着の中では最も強いものです。

 粘着剤が柔らかいのでシールの側面がベタツキやすく、印刷も加工も取扱がちょっと厄介です。

 

 

見た目は同じシールでも、どんな粘着を選ぶか?が 製品クオリティを左右する決め手となります。

不明な点などありましたら、是非とも私たちにご相談くださいね★

 

 

それでは恒例となりましたなぞかけ、

本日も整いました!

 

「シール・ラベル」とかけまして、「楽しい飲み会♪」と解く。

そのこころは、、、

 

「のり」が決め手になるでしょう。

 

 

はい。

次回は “シールのおもな加工方法” についてレポートします。