蓄光印刷

  • 1
  • 1
  • 1

 

製品の特徴
 
蓄光印刷の印刷部分は、日光や蛍光灯の紫外線を吸収し暗がりで発光します。発光は時間の経過とともに減衰しますが、再度紫外線を吸収すればくり返し発光します。印刷表面に多少盛り上がりがあるのが特徴です。
 
 
製品の用途
 
書籍・雑誌の表紙や付録、パッケージ、ポスター(選挙ポスター)、POP、ステッカー、安全グッズ、案内看板、等、、、
 
 
ポイントと注意事項
 
インキの皮膜を厚くすることで、発光強度や発光時間を長くします。蓄光印刷用のインキには性質の違いで数種類設定があります。ご使用目的にあったものを提案させていただきますので、ご使用目的、ご使用環境をお知らせください。また、蓄光インキも印刷部分に厚みがある為、断裁ではなく抜き加工仕上げになります。表面加工をお勧めしております。
 
 
その他
 
短時間発光の安価な「夜光インキ」と、長時間発光の「N夜光インキ」があります。「夜光インキ」は発光の具合を確認し楽しめる短時間発光向けの付録・ノベルティなどのアイテムに、「N夜光インキ」は長時間光を維持させる必要がある非常用看板等などで利用されます。
お電話でのお問い合わせは03-3256-6117お見積・お問い合わせフォームはこちら
ほかにもチラシ、カタログ、パンフレット、、、