各種付加価値印刷

マイクロカプセルや、液晶、感温など独自の技術体系を持ち、お客様からのさらなるニーズを具現化するための開発部門も常設。 安定した高い評価をいただいています。

再帰反射印刷

再帰反射印刷は、印刷された皮膜自体に光の再帰反射性を有する印刷表現です。道路標識にヘッドライトの光源があたると光が跳ね返ってくる事で、原理としては、お馴染です。印刷物にライト等の光を当てると、反射をして光源に戻る(再帰反射する)原理で、夜間や暗がりの視認性を確保する安全製品・交通標識等への利用で注目されています。

>詳細はこちら

水透かし印刷

水透かし印刷部分が水に濡れると透明になり、下地の絵柄が現れます。インキの色は「白色」で、下地絵柄が隠れるようデザインの色彩を調整します。水が乾くと元に戻るため、くり返し何度もお楽しみいただけます。

>詳細はこちら

レンチキュラー印刷

かまぼこ状のレンチキュラーレンズに印刷をし、平面なのに3Dのような立体感や奥行きを出したり、角度を変えると絵柄が変化するように見せたりできる印刷技術です。

>詳細はこちら

UV厚盛印刷

オフセットで印刷した印刷物の厚盛したい部分に透明のUV硬化インクと盛り上げ用の製版の組み合わせでインキを厚盛に印刷します。印刷物のタイトルや画像など、目立たせたい部分を厚盛印刷で盛り上げてインパクトを与えます。

>詳細はこちら

箔押し印刷

箔押しは、豪華本の装丁など高級感を持たせる目的で多用されている加工法で、近年では本のタイトルやロゴ部分など強調するために利用したり、図柄部分の表現、またカジュアルなデザインや印象的なデザインに仕上げるための手法として利用されています。色は、代表的な金艶・銀艶・金艶消し・銀艶消しやカラーの顔料箔、ホログラム箔、レインボー箔、マーブル箔・・とバリエーションに富んでいます。

>詳細はこちら

示温印刷

別名「感温印刷」とも呼ばれる、設定された温度によって色が変化する示温インキを使った印刷です。示温インキは、設定の温度を超えると無色に変化します。あらかじめオフセット印刷された絵柄の上に、示温インキをシルクスクリーン印刷で塗布します。設定された温度帯より温かくなると示温インキ部分が透明になり、冷たくなると発色する原理を使って、さまざまなアイデア商品を生み出しています。

>詳細はこちら

液晶カプセル印刷

温度によって色が変わるマイクロカプセル化された液晶インキを使用してシルクスクリーン印刷を施す技術です。温度が上昇するにつれて、黒から赤茶→緑→藍→黒と変化します。

>詳細はこちら

香料印刷

香料印刷は、香料オイルをとじ込めたマイクロカプセルを水性インキに混ぜた「香料インキ」を使用します。あらかじめオフセット印刷された絵柄の上に、香料カプセルを加えたインキをシルクスクリーン印刷で塗布します。香料印刷部分は、爪で軽くこすることでマイクロカプセルがこわれ、香料オイルが広がり芳香します。

>詳細はこちら

フォトクロミック印刷(感紫外線印刷)

日光などの紫外線に当て反応すると、無色だった部分に色が浮き出る印刷です。紫外線で可逆的に反応し発色するフォトクロミック物質をマイクロカプセル化し、シルクスクリーン印刷で塗布します。目では見えない紫外線の存在を、色によって確かめることができるのがこの印刷の特徴です。

>詳細はこちら

水転写印刷 (タトゥーシール・ネイルシール)

絵柄面を水で濡らし、転写したい素材の上に直接転写します。印刷は逆像、必要に応じて白引きをします。タトゥーシールや、模型のデカールに使われます。絵柄自体はオフセット印刷で高精細な表現が可能です。

>詳細はこちら

スクラッチ印刷

スクラッチ印刷した部分をコインや爪で軽くこすると、銀色部分が剥がれて(カスが出る)、予め印刷した下地の絵柄が現れます。別名「隠し印刷」と呼ばれる印刷方式です。

>詳細はこちら

蓄光印刷

蓄光印刷の印刷部分は、日光や蛍光灯の紫外線を吸収し暗がりで発光します。発光は時間の経過とともに減衰しますが、再度紫外線を吸収すればくり返し発光します。印刷表面に多少盛り上がりがあるのが特徴です。

>詳細はこちら

ブラックライト印刷

紫外線に反応してカラフルに発光する特殊インキで印刷する新しいプリントサービスです。通常の照明下では何も見えませんが、紫外線(ブラックライト)を照射することでRGBカラーが鮮やかに発光します。

>詳細はこちら

発泡印刷

加熱することによって盛り上がる発泡インキを使う印刷表現です。表面はマット調で、ふかふかとした柔らかな風合いに仕上るのが特徴です。印刷で雪の質感や点字などのデザインを表現する用途、また簡易スタンプとして使用できます。

>詳細はこちら

フロッキー印刷

紙に印刷しているにも関わらず、まるで繊維のような起毛した布のように見えるのが特徴の印刷表現です。下地となる絵柄をオフセット印刷した後、植毛したい部分にシルクスクリーン印刷で糊を塗布、それに「パイル」と呼ばれる短い繊維毛を静電気で立たせながら吹き付けます。作業工程が多く、質実ともに高級感あふれる印刷です。

>詳細はこちら

アクアフィック印刷

水に浮かべるだけで、何も無かった紙面から文字や絵柄がジワジワと浮き出る印刷です。サプライズと楽しさあふれる「隠し印刷」のひとつとして、アイデア次第で遊びゴコロ満載な仕掛けアイテムが作れます。

>詳細はこちら

お電話でのお問い合わせは03-3256-6117お見積・お問い合わせフォームはこちら
ほかにもチラシ、カタログ、パンフレット、、、